4/09/2017

美しい言葉の力

時折、無性に
美しい文章に触れたくなります。

美しく綴られた言葉には、
澄んだ青空のもと風が吹くかのような、清涼感があふれています。

春、桜の季節になると、
思わず手に取るのが

川端康成の「古都」

京都、平安神宮の花見の描写が印象的で、

生き別れた双子の姉妹が、巡り会うまでを

主人公を取り囲む温かな人々と、
京都の四季折々の姿が
美しい文章で綴られています。

美しい京都は、私も大好きな土地

何度でも訪れたくなりますが、

京都在住の友人によれば、
「京都は観光に来るところ」だそうですが、

いつかは暮らしてみたい、、と
密かに思っています。







0 件のコメント:

コメントを投稿

エネルギーは変化する

身に付けるものが変わる 長年愛用していたアクセサリーブランドがありました 身に付けていると多くの人から 似合う、可愛いと褒められるアクセサリー   一つ一つ買い足していき シーズンごとにコレクションも増え 自然をモチーフにしたそのアクセサリー...