8/01/2017

時間をコントロールする

夏だからこそ 余裕を持つ


暑さが厳しいこの時期

これまでであれば、
毎朝、駅まで歩いただけでも
汗ばむほどでしたが、

ハイヒールを履いて
美しく歩くことに意識を向けるようになってからは


一歩一歩に集中し
歩く速度をコントロールすることで、


猛暑の中でも
それほど汗ばむことがなくなったと
感じています。


歩く速度をコントロールするということは


これまでの時間の使い方を見直し、
全てに於いて
時間をもコントロールするということ


電車に乗り遅れることがないよう、
決して走ることがないように
早めに家を出ることもその一つです。


時間をコントロールすることで、

時間に余裕が生まれ、


一つ一つの動作に於いて
間を意識することができるようになり、
結果、心にも余裕が生まれ、
自信と落ち着きを手に入れることが出来ました。


これもまた、ハイヒールの恩恵です。








0 件のコメント:

コメントを投稿

声に宿るエネルギー

近年は、職場環境も以前とは大きく異なり 仕事上のやり取りは、電話を使用するより 専らメールでのやり取りが多くなりました 社内に於いても 連絡は内線ではなく、ほぼメールとなり   便利である反面   些細な言い回し、言葉の齟齬により ひと...