9/07/2017

香りを纏う

「香水をつけない女性は

額縁のない巨匠の絵と同じ

香りはインスピレーションを与えてくれる」

私の愛読書にある一節です。


初めて読んだときは、
衝撃を受けたほど、心に響いた一節



ダヴィンチのモナリザ

ラファエロの聖母

ボッティチェリのヴィーナスの誕生


数々の美しい女性を描いた作品に
もし額縁がなかったとしたら、、、


美女たちの放つエネルギーは
全く異なったものとなることでしょう


女性は香りを身に纏うことで

感性をより高め、
奥行きと、厚みを増すことができます。


巨匠の描く美女たちと同様、
放つオーラも全く異なってきます。


私も、季節により、シーンにより、
そして気分により香水をチェンジしています。


夜寝るときにも、
香りを纏い、深呼吸することで、深い眠りを誘います。


コンサルティング卒業を控え
新たな気持ちで一歩を踏み出すために選んだのは

GABRIELLE CHANEL


CHANELのエスプリに触れ
崇高なエネルギーを纏えることを期待しつつ

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

日常は学びの連続

街を歩くとき 常に何を意識して歩いているでしょうか 歩くときは 美しく歩くために、どの筋肉を如何に使うか 繊細に意識を向けるよう努力しているが 信号待ち、電車待ち等の 所謂、静の時間は 如何でしょうか 私は最近、このような時間は ...