10/12/2017

握っているものを手放す

魂の声に繊細であること


美しく在るため
自分に必要である

と思っていたものをひとつ
手放しました。


人も物事も
全ては平面ではなく多面体


手放す決意をしたのは

ハイヒールの哲学を学び
追及している途中の今の私にとって


握りしめていたものの一面が
ハイヒール道の妨げになるかもしれない
と感じたから。


ハイヒールの哲学を学び
身体とマインドのぶれない軸を構築してゆく


その過程で
心の奥底で感じた小さな違和感に繊細となり


今の自分に必要なもの、不要なものを感じ取る
感度が少しづつ上がってきたのかもしれません。


離れてみることで
見えてくる世界があるかもしれない



今の自分に必要なものだけに集中し

これからもハイヒールと共に歩んでゆこうと思います。





0 件のコメント:

コメントを投稿

美しき一点

全ては美しく完璧であり その価値を最大限に引き出す一点がある         秋は茶会が多い季節であり 週末私も、とある茶会に出かけてまいりました。 茶道を学ぶ楽しみの一つが 亭主が様々な趣向を凝らした茶会に 参加させていただく...