11/24/2017

四季折々に学ぶ

楓葉経霜紅

(楓葉 霜を経て 紅くなる)


先日伺ったお茶室に掛けられていた
お掛物


この意味するところは

楓の葉は、極限の寒さを経験すると
より紅く、美しくなる

ということだと伺いました。


四季を感じるお茶室の掛物は


拝見する度に
人生と様々に重ね合わせ、心に響くものがあります。


上手くいかないこと
思うようにいかないことがあっても


これもまた

より美しく輝くために必要な経験なのだ


と思えると


困難な局面に於いても

立ち止まることなく
更なる一歩を踏み出そうと思えるのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

場のエネルギー

師匠の Asamiさん から 貴重なお話を伺いました   Asamiさんが以前 住まわれたことがある地域の持つ エネルギーについてのお話   ご自身のエネルギーを高く保つため エネルギーの高い場所へと、時間をかけて足を運ばれ そのレベルを落...