11/24/2017

四季折々に学ぶ

楓葉経霜紅

(楓葉 霜を経て 紅くなる)


先日伺ったお茶室に掛けられていた
お掛物


この意味するところは

楓の葉は、極限の寒さを経験すると
より紅く、美しくなる

ということだと伺いました。


四季を感じるお茶室の掛物は


拝見する度に
人生と様々に重ね合わせ、心に響くものがあります。


上手くいかないこと
思うようにいかないことがあっても


これもまた

より美しく輝くために必要な経験なのだ


と思えると


困難な局面に於いても

立ち止まることなく
更なる一歩を踏み出そうと思えるのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

美しき一点

全ては美しく完璧であり その価値を最大限に引き出す一点がある         秋は茶会が多い季節であり 週末私も、とある茶会に出かけてまいりました。 茶道を学ぶ楽しみの一つが 亭主が様々な趣向を凝らした茶会に 参加させていただく...