11/08/2017

腕は美しいアクセサリー

急いでいるとき


足元が悪い時


意識をしていないと
気付かぬうちに
歩幅は徐々に大きくなってしまいます。




歩幅が大きくなればなるほど


腹筋を引き上げることが出来ず

母子球を正確に捉えることが出来ず

体重は外側に流れてしまい

身体の軸がブレてしまうため


結果として
美しさ、エレガンスが消えてしまいます




歩幅をコントロールするため


絶対に腕を振らない


ということを意識してみましょう




腕は、美しいアクセサリーです


常に真っ直ぐ、真下に下ろし
指先のさらに先まで美しさを意識して


両腕で身体を挟むようにし
決して動かさないこと




美しく繊細なアクセサリーですから
大きく振るなど、乱暴に扱わないこと




この意識があるだけでも


歩幅が大きくなるのを
未然に防ぐことができます


腕という美しきアクセサリーを身に付け


デコルテをぐっと張り
輝くオーラを放つイメージで
美しく歩くこと


慌ただしい日常に於いて
周囲の影響を受ける中で

美しく在るべく自分をコントロールすることは
容易いことではありませんが


一歩一歩集中し、エネルギーを込めることで
流されることなく
内側からの軸を確立してゆくことができます。







0 件のコメント:

コメントを投稿

日常は学びの連続

街を歩くとき 常に何を意識して歩いているでしょうか 歩くときは 美しく歩くために、どの筋肉を如何に使うか 繊細に意識を向けるよう努力しているが 信号待ち、電車待ち等の 所謂、静の時間は 如何でしょうか 私は最近、このような時間は ...