5/15/2018

新月に思いを馳せる


新月になる度に思い起されること

それは
 
光の中にも必ず闇があり
闇の中にも必ず光がある
 
 ということ

月明かりの見えない新月に於いて
光は見えなくても
月は必ず存在しており

光と闇は常に共存していること
 
 
果てしない宇宙の中だけではなく
それは私たち一人一人の中にも

闇があるからこそ、光が美しく輝くのであり
闇が濃いほど光も輝く
 
 
光も闇もどちらも自分の大切な一部なのだから
自分の中の闇に目を瞑るのではなく
無きものにするのではなく
 
 
双方を感じ
それを同じように受け入れることで
私たちも宇宙の一部となり
宇宙のエネルギーと共鳴できるのだ
ということ
 
 
これを聞いた時
数ある自分のマイナス部分も
様々に起こるマイナスな出来事も
全ては自分が輝くために必要なものなのだと
不思議と腑に落ちたのでした。
 
 
素敵な夜をお過ごしくださいませ

 




 

0 件のコメント:

コメントを投稿

美しき一点

全ては美しく完璧であり その価値を最大限に引き出す一点がある         秋は茶会が多い季節であり 週末私も、とある茶会に出かけてまいりました。 茶道を学ぶ楽しみの一つが 亭主が様々な趣向を凝らした茶会に 参加させていただく...