2/27/2018

意識を向ける

 
美しく生きるために必要なこと

それは
 
意識をする
 
意識を向ける
ということ

身に纏うもの
日々思考していること
何を口にしているか
何を美しいと感じるか
どんな言葉を発しているか
どんなオーラを放っているか

一つ一つ
 
自分は何故そう思うのか?
何故そうするのか?
と確認するようにしています

ここで
 
「何となく」
という答えが出るとしたら要注意です

何も考えずにいることは楽かもしれません

楽だということは、変化しようとしないこと
それは
停滞ではなく後退しているということ

前進するには
一歩を踏み出すエネルギーが必要です
 
最初の一歩が一番大きなエネルギーを必要とし
この一歩が今後を大きく変えてゆくのです
 
私も、深く考えず
何となくで行動したため
失敗してしまったことも多々あります

人生は選択の連続だと言われていますが
日々選ぶ全て
 
その一つ一つに繊細に意識を向け
選択してゆきたいと思っています。
 

 






2/23/2018

身体は一つのユニットである

私の数ある弱点のひとつ
それは左の腹筋です

左の腹筋をもっと上げましょう

腹筋が落ちるたびに
Asamiさんから鋭いメスが入ります

腹筋は
美しく歩くため
ぶれない軸を構築するための
要となる筋肉です

 
腹筋を上げよう上げようと意識しても
思うように入らない時

様々な角度からアプローチする度に
身体が一つのユニットであることを再確認しています

先日のレッスンにて

腹筋が落ちたために
脚のラインが外側に開いてしまった際

「左脚のラインをもっと内側に寄せましょう」
 
とのご指摘で
腹筋がぐっと持ち上がったのを実感しました。
 
 
脚の内側をラインで意識したこと
脚の内側の筋肉と腹筋とを繋ぐ意識
 
それが腹筋に働いたのだと思います。
 
 
 
一つの意識が
思いも寄らない筋肉へと繋がっているという
新たな発見に驚く瞬間

 
一つ一つを積み重ね

昨日より今日
 
美しい歩き方を
目指してエクササイズに励みたいと思います。
 
 

2/20/2018

知識を得ること

平昌オリンピック
 
嬉しいことに
多くの日本人選手が活躍していますね。

体型的には不利だと言われ
メンタル的にも弱いと言われている日本人が
 
世界の強豪と互角に戦っている
 
この事実に
胸が熱くなります。

とりわけ
以前綴ったこともある
スピードスケートの小平選手が
金メダルを獲得した
 

と言うニュースには

努力が結果となって実を結んだことに
本当に感動しました

海外の教育では
日本とは異なり
 
強靭なメンタルを持つこと
 
正しい発声の仕方
 
自分の意見を主張し
人を惹きつけるスピーチの仕方
 
ロジック思考

小さい頃から学び
身に付けると言われています。

 
私自身
正しい声の知識については
声の哲学を学ぶことで
初めて知った事実が多々在ります

知らないということで
損をしていること
チャンスを逃していること
 
どれだけ多いことでしょう

 
日本人は世界で通用する
これら様々な知識が不足しているからこそ
失敗することも多く
 
それが、ひいては日本人特有の
自信の無さに繋がっているのかもしれません。

原因がわかれば
対策も練ることが出来ます。
 
 
正しく美しい歩き方もそのひとつ
 
 
如何なることに於いても
世界レベルで通用する
正しい知識を身に付けること
 
 
身に付けるべき知識は
一生掛かっても学び尽くすことはできません
 
 
一日一日を無駄にせず
正しい知識を学び続けてゆきたいと思います。
 
 





2/14/2018

エレガンスは指先に宿る

エネルギーを指先から放つイメージ

宇宙からの美しいエネルギーは
 
正しい姿勢で立っている時
若しくは座っている時
 
頭頂部を目がけ
ピンポイントで降り注ぐ

頭頂部へと流れたエネルギーは
美しい滴となり
耳のラインへ向かって転がり
肩のラインを通過し
 
更には二の腕を通って
人差し指から美しく放たれるのだから
 
物を掴むとき
何かに触れるとき
 
小指、薬指に力を込めて曲げたとしても
人差し指は美しくふんわりと
中指はそれに添えるようにしなければならない

これはある方が以前私に教えてくださった
エレガンスの秘訣

これを伺った時
指先からエネルギーを放つ
という意識を向けるだけで
 
 
美しさが隅々まで行き届く
ことを実感し、驚きました。

美しさのエネルギーが
手先から放たれるのだとしたら
足の爪先からもまた然り
ではないでしょうか
 
 
手先のエレガンスには
気を配ってはいたものの
 
この事実には
ハイヒールの哲学を学ぶまで
全く気がついておりませんでした

 
美しい脚捌きに於いて
 
後脚を地面から放し
前脚を作る際
 
爪先を思い切り下に向け
足先のその先まで意識を向けることで
美しいエネルギーが
足先からも放たれることになるのです

イメージすること
 
意識を向けること
 
それだけでも
美しさは変わってくるのだと思います。
 



2/09/2018

儚くも美しいもの

紅炉上一点雪(こうろじょう いってんのゆき)

人生とは
紅々と燃える炉の上に舞い降りた
一片の雪のよう

火の紅さ 雪の白さ
二つの色の対比が生み出す美しさ

ふわりと舞い降りた雪が
紅い火に触れるか触れないかの一瞬に
 
儚くも消えてしまうという
刹那の美しさ

炎に触れる瞬間
シュっと微かに立てる音の繊細な美しさ
私たちの人生もまた
この雪のように儚いもの

 
けれど
舞い降りた雪が炎に触れる瞬間まで
幾つもの美を生み出すように
 
 
私たちの人生
それぞれに繰り広げられている
様々な美しいドラマに思いを馳せると
 
その奥深さ、感慨深さを思わずにはいられません。




今年に入り
これまでに増して
毎日が急速に過ぎゆく気がしていますが

 
 
一瞬一瞬に何を感じ
そして何を受け取るか
 
 
瞬間瞬間を真剣に生き
 
また
ハイヒールと共に
一歩一歩を確実に、美しく歩いてゆきたいと
思うのです。

 
立春を過ぎてなお
厳しい寒波が止む気配のない今年の冬

一日も早く
春が来るのを待ち侘びています。
 
 





2/06/2018

美意識を研ぎ澄ませる

美意識もまた
意識するのを止めた瞬間に低下してゆく
 
 
それは、本当に美しいでしょうか?


街で目にする様々なファッション

今という時代の変化を感じることが出来
とても興味深く感じます。

昨年流行ったファッションを
今年は全く目にしなくなった
ということも多く
 
その
流行り廃りのスピードの速さにも驚きます。

そんな中
数年前から目にすることの多い
ファッションのひとつが
 
パンプスにソックス

 
残念ながら
このスタイルは、全く私の心に響くことはなく
逆に違和感が募るばかりなのですが

先日
あるコレクションの
 
パンプス+ソックスのコーディネートを
目にする機会がありました
 
 
その足元は、一言で言えば
アートの一部として表現されており

アートとは
メイク、ファッション
ヘアスタイルから背景に至るまで
全てがトータルコーディネートされているから
アートなのであり
 
街で見かけるファッションは
その足元部分だけを
日常に取り入れているため
大いに違和感を感じるのだと感じました。

 
このスタイルは矢張り
美しいとは言い難く
 

有名なスタイリストの方のファッションを拝見しても
違和感があるのみで
全く美しいとは感じられないのだから
 
 
街で見かけるそれが
美しく感じられないのは当然かも知れません。
 
 
ハイヒールは
本来ソックスを履いて
身に付けるために作られたものではありません
 
 
真っ直ぐに伸びた美しくしなやかなラインの脚
そしてハイヒールの美しさ
 
二つが互いを引き立て合い
 
そして
美しく歩くことで初めて
 
 
そこに芸術が生まれるのだと思います。
 
 
流行っているから
と、安易に取り入れるのではなく


常にそれは美しいか否か


自分の美意識と照らし合わせて
一つ一つを選択してゆくためにも
美意識をより高めてゆきたいと思います。










感謝して生きる

日本ではお盆となるこの時期 とりわけ親戚が集まり 係ることの多い時期となります。 日頃から、感謝を持って生きている私ですが この時期は特に 自分は様々な人のお陰で生きているのだ という気持ちがより強くなります。 久しぶりにお会いする方々と お話させてい...