3/13/2018

愛と感謝に生きる

今年も、再び巡ってきた3月11日




7年前のあの日


全ての価値観が音を立てて崩壊し


当たり前だと思っていたことが
本当は何一つ当たり前などではなく


人生とは
自分一人で生きているのではなく

人によって支えられ
生かされているのだということ 


この大切な事実に
これまで思いを向けることのなかった私も


言わば強制的に
気づかされることとなりました。


人は一人では生きられない
とは、良く耳にしますが


それまでは
何となく気障だと笑っていた一言が

それが決して冗談などではなく


言葉の持つ重さを
改めて沈思黙考することとなりました。


愛と感謝に生きよう

と、はっきりと決意したのは
紛れもなくあの日を境にして


何時、何があっても
悔いなき人生を送りたい


そのためには
私が受けてきた愛と恩恵を
出来得る限り循環させてゆきたい


毎年この日を迎え
そう思いを新たにしています。




0 件のコメント:

コメントを投稿

美しき一点

全ては美しく完璧であり その価値を最大限に引き出す一点がある         秋は茶会が多い季節であり 週末私も、とある茶会に出かけてまいりました。 茶道を学ぶ楽しみの一つが 亭主が様々な趣向を凝らした茶会に 参加させていただく...