4/05/2017

本物の持つエネルギー

日によっては、夜間に開館をしてくれる美術館も増え、
趣味のひとつが美術鑑賞である私には、
仕事帰りに立ち寄れることもあって、
とても有難く、よく活用させていただいております。

大抵の美術館は金曜日の夜間に、
最近ではレディースデイということで、
水曜日の夜間にも、女性に限り割引で入館できる嬉しいところもありますね。

先日、ティツィアーノとヴェネツィア派展
に行ってまいりました。

かねてより観たかったティツィアーノのダナエ
は、感動的な素晴らしさ。

本物には、やはり崇高なエネルギーが宿っており、

とりわけルネサンス期の作品となると、
歴史の重みも相まって、
それ以降のものとは、放つエネルギーも違って感じられます。

一期一会

といいますが、
現代において、この日、この時、この作品に、
こうして時空を超えて出会えたことへの感動

次はまたいつ、どこで再会できるかしら、、
とあれこれ妄想するのもまた楽しみです。






0 件のコメント:

コメントを投稿

美しい音楽を奏でる

朝の通勤時間を これまでは読書の時間に充てていましたが 最近は、専らクラシックを聴いております。 読書とは違い、音楽を聴くことは 目を閉じて様々なイメージを浮かべることが出来るため   外の世界と自分を切り離し 自分の世界に集中できるという点で...