6/12/2018

繊細な感覚を持つ

日本特有の湿度が高い夏を迎え
愈々
浮腫みの季節がやってきたことを感じます。

冬はすんなりと入っていたパンプスに
急にきつさを感じ
 
逆に、少し緩さを感じていたパンプスが
ぴったりフィットしていることに驚きます。

季節ごとに、身体は繊細に変化しているのです。

美しく正しく歩くため
悪い癖を再び発生しないためには
足にぴったりと合うパンプスが必要となりますので
 
可能であれば
季節に合ったパンプスをご用意されることを
お勧めします。

浮腫みを最小限に抑えるためには
毎朝のストレッチとエクササイズで
身体の状態を常に良い状態にしておくことも
必要となります。

Asamiさんとのレッスンに於いても
ミリ単位のほんの僅かな修正を掛けていただくことで
身体の軸がすっと入る感覚を得ることは
如何に違和感に繊細であるかが
試されるところでもあります。

違和感に気付かなければ
身体への負担に気付くのが遅れ
負荷も大きくなります

繊細な感覚を養うには
ハイヒールを履いて、その感覚を磨くこと

ハイヒールの高さが高ければ高いほど
母指球にピンポイントで
体重を乗せなければならないため
より繊細な感覚を
身に付けることができるようになるのです。

季節の変わり目
 
正しく、美しく歩くためにも
身体の違和感を
繊細に感じ取る力を身に付けたいものです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

エネルギーは変化する

身に付けるものが変わる 長年愛用していたアクセサリーブランドがありました 身に付けていると多くの人から 似合う、可愛いと褒められるアクセサリー   一つ一つ買い足していき シーズンごとにコレクションも増え 自然をモチーフにしたそのアクセサリー...